ヨーロッパでパイロットになろうーEASAライセンスとその魅力

定期運送用操縦士座学課程

  • HOME »
  • 定期運送用操縦士座学課程

定期運送用操縦士座学課程は自家用操縦士ライセンス取得後、次のステップである事業用
操縦士課程へ進む前に行われる学科試験へ向けて各試験科目の理論を学ぶためのものです。

定期運送用操縦士学科試験の受験要件は
・自家用操縦士のライセンスを保持していること (ICAO加盟国のライセンス)
・CAAによって認定された座学課程を受講すること (最低650時間)
となっています。

当校の定期運送用操縦士座学課程はCAAより認定された課程ですので、当コースを修了頂く
ことにより、学科試験の受験要件を満たす事が可能です。

なお受講ご希望の方はコース申込みまでにCAAより受講許可を受ける必要があります。

CAA認定の座学課程とは?

EASA加盟国における定期運送用操縦士学科試験の受験要件の一つに上記の通り「CAAによって
認定された最低650時間の座学課程を修了させること」が規定されています。

実際にこれを満たすには2種類の手段があります。
(1) 全650時間の座学課程を修了させる
(2) 全650時間のうち一部を遠隔教育によって、一部を実際の座学課程によって修了させる

現在ヨーロッパの受講生は時間また費用の面から(2)を選択する事が主流となっています。
なおCAAの規定により650時間の全てを遠隔教育によって修了させることはできず、650時間の
うち最低でもその10%、つまり65時間は実際の座学課程を受講する必要があります。

当校の定期運送用操縦士座学課程は(2)の方式を採用しています。
座学課程は当校(Łódź)にて10日間、延べ80時間の日程で行われます。 

コース特徴

ヨーロッパにおける定期運送用操縦士の座学課程はアカデミックなものであり、座学専門の学校も
存在します。

当校ではそのうち最も経験豊かな座学専門学校の一つであるイギリスのBristol Ground Schoolと
提携し、遠隔教育には同社のシステムが採用されています。
同社の卓越した教材はわかりやすく、この遠隔教育を通じて無理なく学科試験合格へ向けての知識が
養われます。
また従来の印刷された教材は廃され、インターネットを通じた全ての教育はお手持ちのパソコン
(Windows、Mac OS対応)、タブレットやスマートホン(iOS対応)といった情報端末を最大限活用
することでいつでもどこででも勉強する事が可能です。

また当校における10日間の座学課程も当校自慢の講師陣が濃密な講義を行います。
各講師には専門家、例えば現役のCAA検査官や管制官、医療従事者による講義も行われます。

これらの結果、CAAの発表による当校受講生の定期運送用操縦士学科試験の合格率はポーランドに
おいて常に上位を占める結果となって現れています。

学科試験はどこで受験できるの?

定期運送用操縦士学科試験はCAA認定の座学課程を修了した国において受験する必要があります。
従って当校の座学課程を修了した受講生は全員必ずワルシャワのCAAにて学科試験を受験する必要
があります。

定期運送用操縦士学科試験はコンピュータベースで行われます。
受験生の目の前にあるコンピュータがECQB(European Central Question Bank)というデータ
ベースから問題をランダムに抽出して試験が開始されます。
ECQBの問題は全て英語で記述されています。
従って地元
ポーランド人でも英語での試験が義務づけられています。
ポーランドで受験するから有利であるとか不利であるとか、そういった問題はありません。

なおイギリスCAAではイギリス国外にも試験会場を設置しています。
アメリカ(オーランド)、マレーシア(クアラルンプール)、NZ(ハミルトン)などで受験可能です。
しかし例えばマレーシアでイギリスCAA実施の学科試験を受験するためには先の規定に従って、
イギリスCAAによる受講許可を受け、イギリスCAA認定の座学課程を修了させる必要があります。

ただしイギリスの場合
・座学課程が3期に分割されているため、一度に座学を終了できない
・科目毎に約90英ポンドの受験料が必要 (イギリス国外受験の場合)
・特に海外会場にて受験する場合、試験実施期間が短い
とデメリットが多いことから、あまりおすすめはできません。

なおポーランドでは全14科目の受験料として1,047ズウォティ(約250ユーロ)が必要ですが、これ
には科目不合格となった場合の再受験料(1科目3回まで)が含まれており、イギリスと比較して安価
となっています。

じっくり取り組んでもいいですか?

答えはNOです。

定期運送用操縦士学科試験合格までには期限や受験回数の制限があります。

詳細はお問い合わせください。

コース開講時期

当校では3ヶ月毎(年4回)に英語による当座学コースを設定しています。
ただし2015年には3月、6月、7月、9月、11月の計5回の開講を予定しています。
高品質な環境をご提供すべく、各回には定員を設けており、ご希望の開始月が満席というケース
もございますので、お早めにご希望を仰って下さい。

なお受講ご希望の方はコース申込時に受講料の全額または半額をお支払い頂く必要があります。
これは事前にBristol Ground School社への登録、ならびに遠隔教育用のアプリケーションDVD
メディアをご自宅にお届けするためとなります。
DVDメディアはご希望によりWindows版かMac OS版をご選択頂けます。
iOS版は無料でダウンロードして頂く事が可能です。(ログインには受講生各自のIDが必要です)

Łódź (ウッチ)の現在時刻と天気

直近の外国為替相場

当サイトのご利用にあたって  ご留意頂きたいこと

当サイトはバルトリーニ・エア
日本語版ウェブサイトです。
バルトリーニ・エア公式サイトは http://bartolini-air.comです。
当サイトのご利用にあたっては
免責事項もご確認ください。
PAGETOP
Copyright © ヨーロッパでパイロットになろう All Rights Reserved.