ヨーロッパでパイロットになろうーEASAライセンスとその魅力

航空身体検査証明

  • HOME »
  • 航空身体検査証明

ヨーロッパで飛行訓練を開始するためには航空身体検査(メディカル)に合格する必要があります。

自家用操縦士課程のみの訓練生であればクラス2、事業用操縦士課程までを視野に入れている訓練生
はクラス1の航空身体検査証明が必要となります。
ただクラス1はクラス2を兼ねていますので、特別な事情がなければクラス1での受検をおすすめ
します。

個人的な感想としては日本ほど厳しくはないものの、北米の基準よりは厳しいといったところです。

また初回のメディカルは必ずEASA加盟国の指定機関において受検する必要があります。
イギリスであればロンドン・ガトウィック空港そばのCAA Aviation House、ポーランドであれば
ワルシャワかブロツワフにある指定機関が挙げられます。

費用は各国によって異なりますが、私が毎年お世話になっているポーランド空軍航空医学研究所
では初回19,000円ほど、更新11,000円ほどです。 (2015年1月現在)
ただし当校からのレターがないと受検できません。

なおイギリスであれば初回80,000円程、他EU各国で初回65,000円程の費用がかかるようです。

もし「絶対にイギリスのライセンスが欲しい」とお考えであればイギリスのメディカルが必須と
なりますが、ポーランドで受けたメディカルをイギリスのものに書き替えるということも可能
ですので、お問い合わせください。

IMG_2400  IMG_2464

   CAA Aviation House (ロンドン)                   空軍航空医学研究所 (ワルシャワ)

Łódź (ウッチ)の現在時刻と天気

直近の外国為替相場

当サイトのご利用にあたって  ご留意頂きたいこと

当サイトはバルトリーニ・エア
日本語版ウェブサイトです。
バルトリーニ・エア公式サイトは http://bartolini-air.comです。
当サイトのご利用にあたっては
免責事項もご確認ください。
PAGETOP
Copyright © ヨーロッパでパイロットになろう All Rights Reserved.