ヨーロッパでパイロットになろうーEASAライセンスとその魅力

事前見学・体験飛行

  • HOME »
  • 事前見学・体験飛行

パイロットライセンス取得へ向けて、当校にご興味をお持ち頂き、ありがとうございます。

EASAライセンスシステム、当校における教育システム、他国との違いなど私の実体験を基に
最大限お伝えできるよう当サイトを作成致しましたが、実際に当サイトだけではお伝えできる
ことには限界があります。

例えば当校の雰囲気です。
雰囲気をお伝えしようと当校についてに書かせて頂きましたが、うまく伝わりましたでしょうか。

事前見学と航空身体検査の受検

もし事前に当校へお越し頂けるのであれば、それは最善の方法です。
当校の訓練生を捕まえて話しを聞いてみるのもいい方法ですし、もちろん当校内やハンガー、
訓練機といったファシリティも全てご覧頂く事も可能です。

またヨーロッパでは座学・飛行訓練を開始する前に必ず訓練許可をCAAより受ける必要があります。
座学のみの受講申請であればEASA加盟国発行の有効な(有効期限内の)航空身体検査証明は不要です
が飛行訓練(実技)の申請には必ず必要です。

もちろん当校ではEU国外からの訓練生に対してはまず自家用操縦士座学課程の受講申請をCAAに
行い、座学受講開始日の数日前にポーランドへお越し頂き、航空身体検査証明を取得、直ちに飛行
訓練分の申請をCAAに追加して行う形を採用しておりますので、そういう意味では訓練申請開始
以前に見学という形でお越し頂くことは必ずしも必要ではありません

ただこの方法は万が一航空身体検査に合格できなかった場合は、わざわざ準備をして、または決意の上お仕事を退職されてポーランドへお越し頂いたにも関わらず、訓練を開始することができません。
従いましてもし航空身体検査についてご心配がおありであれば、事前にお越し頂き、まずは航空身体検査を受検して頂くことをお勧め致します。
その上で訓練をご希望であれば以降の手続きも一回で済みますし(座学と実技の訓練申請を一括して行います)、何より安心であることは言うまでもありません。

体験飛行

操縦経験がゼロの方は小型機に乗られた経験もおそらくはないと思います。
訓練機が実際にはどのようなものであるのかをご理解頂くには、実際に搭乗して頂くのが一番です。
当校の主力初等訓練機であるP2002JFは2座の小型機ですが、居住性は2座機のなかでも最高です。
実際にŁódź空港周辺や訓練空域にご案内し、約30〜60分ほどかけて実際に操縦頂きます。

残念ながら正式な訓練許可を受ける前となりますので、ライセンス取得へ向けての訓練時間としてはカウント頂けませんが、飛行経験時間(同乗)としてログブックに記載することは可能です。
また近い将来お受けになる飛行訓練がどのようなものであるのか、具体的なイメージが描けるように
なることと思います。

費用は30分で69ユーロ、60分で138ユーロです。(またVATが加算されます)
飛行時間はタキシング(地上滑走)開始〜着陸・駐機までの合計時間となります。

他の方は事前に見学してるの?

日本からですと見学にも時間・費用がそれなりにかかりますが、ヨーロッパ各地からは結構事前見学
をされる訓練生が多く見られます。
そして数ヶ月以内にその見学者が正式に訓練生となって再び当校で再会というケースが大半です。

事前に見学を希望される方は、お問い合わせ頂ければと存じます。

Łódź (ウッチ)の現在時刻と天気

直近の外国為替相場

当サイトのご利用にあたって  ご留意頂きたいこと

当サイトはバルトリーニ・エア
日本語版ウェブサイトです。
バルトリーニ・エア公式サイトは http://bartolini-air.comです。
当サイトのご利用にあたっては
免責事項もご確認ください。
PAGETOP
Copyright © ヨーロッパでパイロットになろう All Rights Reserved.